BLOG 日々のこと・NEWS

ご当地バーガー戦線 2016秋の陣!2016.10.17

%e7%a6%8f%e5%b1%b1%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%bc

先週は、秋祭りからの郷土料理でしたが、

今週は、近年怒涛のブームを続ける「ご当地バーガー」をご紹介します。

 

ここのところ急激に気温が下がって、秋の気配も徐々に増している中、

私の食欲の秋中枢が

一気に開花しはじめている次第であります。

街に出れば、イベントのオンパレード! 県内外から様々な料理が軒を連ね、

美味そうな「脂質とでんぷん質のコラボビジュアル」が

私をリバウンドの世界へと誘ってくれます・・・・・。※ダイエット中なのです。

 

全てを味わいつくしてしまいたいという欲求を、抑えつつ、カロリー的なことも考えながら、

厳選なる審査の上、本日の昼ごはんは、「福山バーガー」に決しました。

 

%e7%a6%8f%e5%b1%b1%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%bc003

いやいや、決して、かわいらしい女性が売っていたからだとか、

前日カープがCS突破したお祝い価格になっていただとか、

ではなく、「素材」と「見た目」と「香り」に

ただただ 惹かれたわけであります。

 

そしてこの「福山バーガー」、素材へのこだわりはかなりのものです。

確かに福山産の素材は少ないですが、

福山の匠たちがアイディアを出し合って練り上げられたものとしては、

もうこれ自体「福山産」といっても過言ではないかと思われます。

 

使用されている「玉ねぎ」ひとつを取っても、

淡路島産のジューシーかつ甘みの強い、

昔、「〜とかの料理ショー」などでも取り上げられていたものだったり、

ソースが完全オリジナルだったり、

お肉屋さんがパテの配合率を本気で考えていたりとか、

結構な「魂」が練りこまれているわけです。

 

%e7%a6%8f%e5%b1%b1%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%bc002

 

もちろん、様々なご当地グルメは、そのように作られているでしょうけど。

最後の最後、やはり、商品としての最大の見せ場は、

「仕上がり」と「プレゼン力」なわけですよ。

 

「出来立て!」「あつあつ!」

そして、スタッフさんの「笑顔!」

この部分が欠落すると、味に対する期待が大きいぶん、

「え〜!!!!マジっすか!」になりがちです。

 

その点からも、今回の「福山バーガー」・・・・・・・・・・完璧です!

 

兎にも角にもまずは一口!

 

ふわっとしていてしっとりとしているバンズ、

そしてたっぷりのキャベツがザクッと、

小気味の良い爽やかな味わいと共に第二弾の食感が!

しかし、このパテ、ハンバーグじゃなかった!メンチカツだ!

「ザクザク」っとしたメンチの歯ごたえと

瞬間的にほとばしる肉汁!!!!!

ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!

やばい!やばすぎる!!!

 

黒毛和牛と豚肉の旨味とオリジナルソース、

野菜との絶妙なハーモニーは、いやいや合唱だわこれは、

そう、まぎれもなくフェスティバル状態。

 

リバウンドしそうだ!

社長すいません・・・・・・・・。

 

っといったような感じで

二口目に・・・・・。あっという間に完食。

 

 

%e7%a6%8f%e5%b1%b1%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%bc004

 

もういいでしょう、何も言わずに食べに行ってください!

きっと満足できます。

 

1016%ef%bc%bf002

写真は、イベント会場に来ていた muncheese(マンチーズ)号
お問い合わせは/TEL.084-968-0270

http://imo-batake.com/

 

BLOG一覧へ戻る