BLOG 日々のこと・NEWS

『品格のない老人』2017.1.28

あなたの周りには老害と呼ばれるような『品格のない老人』はいるでしょうか!?

 

753dca6b43776fe7372382e07321495a

 

最近の若い者は・・・

と言った、若い方を誹謗することが多かったものですが、それは私の若い頃の話になったのかも知れません。

ニュースなどで、よく目にするマナーの悪い65才以上の高齢者!?

を見かけることは、増えてきましたね。

 

 

今日もガソリンスタンドで洗車待ちをしているとスマートフォンでゲームをしているのか、大きな音のままピコピコ。

あげく、電話がかかってくると・・

 

これまた大きな声で、回りに誰がいても関係なし(´;ω;`)

 

最近では、《老害》という言葉が頻繁に使われ、社会問題化しているのは、いうまでもなく現在の日本が超高齢化社会になっており、 高齢者の数が激増し、また平均寿命が高くなればなるほど「困った老人」が増えるのは、仕方ないのかも知れません。

昔は「謙虚で懐が深く、知恵もあり優しいのが老人」というイメージでしたが、現代は「わがままで偉そう、自分勝手な人たち」だと思われるようになってしまっています。

 

写真

 

老害とは!??

◎自分の人生に自信があり、自説を変えない

◎多様なライフスタイルを認めず、古い価値観を若い人に強いる

◎時間を持て余しているので、とにかく話がくどい

◎短気でせっかち、怒りっぽい

◎老人であることを利用する

 

 

これ、改めて見ると、嫌われる上司の構造と良く似ていますね!!

 

気を付けようっと(笑)

 

でもね、ちょっとだけ、切れる理由もわかる気がします。

 

仕事場にしか居場所がなかった旦那と、一人で家を守ってきた奥さんの二人がある日、突然、男性は仕事なしの生活になり、馴染めない!!女性は、今と違い専業主婦率も高かったから、悠々自適な生活に旦那さんが加わって自由がなくなる。

 

もちろん快適な生活を送ってる人もいるけど、熟年離婚や老後破産なんてワードが取り上げられるぐらい殺伐としており、社会保障もない不安な現代。

 

老害と叩くのは簡単ですが、自分もいつかは老人になる。そう考えると、「老害」と笑っているだけじゃダメですね。

 

若い人が余裕を持ち、老後の心配をせずに済む社会保障があり、老人が生き生きと過ごせる社会になってほしいと思いますね。

 

今日も未来にむけて頑張ろう!!と考えさせられた一日の始まりでした。

 

 

 

 

 

BLOG一覧へ戻る