BLOG 日々のこと・NEWS

室内を走るレクサス!!2016.10.31

こんばんわ

だいぶ寒くなってきましたね。

そんな中、本日、重症児・者福祉医療施設 鈴が峰様に適温配膳車デリカートを納品して参りました。

適温配膳車デリカートってなに!???と思いますよね

04_photo_ap1_920x920

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

離れた病室の患者様に、トレイの上で温蔵されたものと、冷蔵されたものとに分れて運ぶための機械です。

img_feature_01

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

患者様にとって、食事は雄一の楽しみですから、やはり、温かいものは温かく。

冷たいものは冷たく召し上がって頂きたいりものです。

 

 

しかし、厨房側や配膳する側では作業として割り切ることも、なかなかできないうえ、一回に30~50膳も、運ぶとなると、なかなか大変なものです。

 

 

 

そこで、各メーカーのメリットデメリットを考え、今回は自走式ということもあり、パナソニック製を推薦させて頂きました。

私が勝手に命名しているパナソニック製の適温配膳車デリカートのスタンダードCD1054FP 自走タイプ54膳はなんと驚きの定価¥6,300,000(税別)と言う、素晴らしくも恐ろしい金額のため、室内を走るレクサスと命名しております。

 

img_hero_clone

 

 

価格なみに性能は他社と2枚も3枚も上のランクではあるのですが、皆さんよく配膳中にぶつけるから困ったもの。。。

これからも正しく使って頂くために修理扉一枚5~6万はするとお伝えすると、皆さん震えてました(笑)

 

 

 

 

商品を買う施設様の気持ちを考えるとつらい瞬間もきっとありると思いますが、とても良い商品を買って頂けたと思います。

これから始まるメンテナンスも含めて、しっかりとケアしたいと思います。

 

 

 

BLOG一覧へ戻る