BLOG 日々のこと・NEWS

またもやGoogleアルゴリズムに変更が・・・2018.11.15

こんにちわ。

最近、浮き沈みの激しいwebの世界ですが、9月に実施されたGoogleのアルゴリズムの変更依頼、自社名で検索しても自社の公式サイトがGoogleの検索にかからないんですが。。。と言った話をお聞きすることがあります。

 

 

通常、自社名をGoogleで検索すると自社サイトのトップページが1位に表示されるべきですが、トップページでは無い会社案内のようなページが10位以降に表示されたり、最悪の場合は、どのページも上位100位すら入っていないということがありますが以下のようなことが原因のことが多いです。

 

 

目標キーワードをWebページに詰め込むとキーワードで順位が上がらなくなるというペナルティーを与えることがあります。

例えば、「内科 広島」というキーワードで上位表示を目指しているサイトのほとんどのページに「内科 広島」という文字、あるいは「内科」・「広島」というテキストをページ内の様々な箇所に詰め込みすぎたり、不自然なことをするとペナルティーを受けてしまい、「内科 広島」というキーワードでは検索順位が上がらなくなります。

 

医院名がもし「広島○○内科クリニック」という名前の場合、こうしたことをしてしまうと、検索した時に、キーワードを書きすぎているためにトップページが上位表示できなくなりますが、詰め込み過ぎが原因の場合は、詰め込みを解消するだけで順位が復旧する可能性が高いですので調べてみると良いでしょう。

 

2つ目のよくある原因が、公式サイトの他に別サイトを別ドメインで運営しているというものですので、専門家に調べて貰うと良いでしょう。

 

Googleが力を入れているのがGoogleマイビジネスです。Googleマイビジネスには自社のサイトのURLを1件だけ表示することが出来ますが、2つ以上のサイトをお持ちの方は、必ず自社の公式サイトのURLを載せるようにして下さい。

 

ここについては、言うまでもありませんが、自社のホームページを制作して管理もせず、ほおっているとこういうことがまれにありますから、信用できる業者さんとタッグを組むことを、推奨いたします。

 

 

一時期、有料で被リンクを貼りまくってまくれるビジネスが存在し、その行為がSEOに優位に働くと言われてた時期があります。

稀にではありますが、Googleは今でも悪質なサイトからリンクを多数張られている場合は検索順位を落とすと言うペナルティーを与えることがありますので要注意です。

 

上記のような内容が、自社名で検索しても、公式サイトがGoogleの検索上位にかからないという問題です。これ以外にも理由がある可能性がありますが、ひと昔前の情報を知っているのと、今の状況はプロでも大変なぐらい変わっていることを改めて、知って頂き、飽和状態を迎え、精査し始めたGoogleアルゴリズムに対応していきたいものです。

 

BLOG一覧へ戻る